【致命的】板垣李光人は演技下手と言われる3つの理由!約ネバのノーマン役がやばい?

3 min
スポンサーリンク

2020年公開の映画約束のネバーランドのノーマン役が記憶に新しい、俳優の板垣李光人さん

端正な顔立ちの板垣李光人さんですが演技が下手?という噂が一部であるようです。

噂は本当なのでしょうか?

「約束のネバーランド(約ネバ)」のノーマン役がやばいとの声もあるようですが、どういうことなのでしょうか?

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

板垣李光人は演技が下手と言われる理由①約ネバのノーマン役がやばい?

板垣李光人さんは、映画「約束のネバーランド」で児童養護施設で暮らすノーマン役を演じました。

リーダー的存在のノーマンは判断力と分析力に優れた天才で、みんなのことを1番に考え励ますという役どころだっだそうです。

SNS上では「リアルノーマン」「美しい」「かっこいい」という声が多数上がっており、ハマり役だったと推定されます。

ノーマン役が「やばい」との噂がありますが、演技下手という声はあまりないようですね。

板垣李光人は演技が下手と言われる理由②活舌が悪い

板垣さん自身、活舌の悪さを認めています。

2022年10月に朝の情報番組めざましテレビ」の10月のプレゼンターに選ばれ、出演した際に

『明るくて、元気な朝を皆さんにお届けできたらと思います!活舌がちょっと心配なので、いつも以上に舌を回して話すつもりです。皆さんの1日が楽しくなるように頑張ります!』

引用:めざましテレビ

と発言しています。

本人が認めているということは自覚があるんですね。

映画で活舌が悪いという噂はないので、努力してハキハキしゃべるようにしているんだと思います。

板垣李光人は演技が下手と言われる理由③棒読み

板垣さんは演技が棒読みという噂がありますが、実際そのような噂は出回っていませんでした。

中には

「顔が美形すぎて可愛い役は合うが、顔に合っていない役だとセリフが入ってこない。」

との意見もありました。

顔のせいで、演技が下手だと思われるのもなんだか嫌ですね。

スポンサーリンク

実は板垣李光人は演技が上手い!

このように、ネット上には板垣さんの演技が上手いとの声が多くありました。

板垣さんはこれまでにTVドラマ約20本映画には約10本出演しています。

子役としてデビューし芸歴も長いですから、しっかり演技の勉強もされている印象です。

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演も決まっており、演技が上手いと評価されている証拠なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

【致命的】板垣李光人は演技下手と言われる3つの理由!約ネバのノーマン役がやばい?まとめ

いかがでしたか?

板垣さんが実は演技が上手いということが良くわかりましたよね!

まだまだ若い20歳の板垣さん。

今後どんな俳優さんになるか楽しみですね!

関連記事