【家族構成】藤浪晋太郎は韓国人?出身地や実家の場所・生い立ちや経歴を調査!

2 min
スポンサーリンク

現在、野球選手として異国の地でがんばっている藤浪晋太郎さん。

そんな藤浪晋太郎さんは韓国人?と一部の方たちの間で話題になっているようです。

そこで今回は、藤浪晋太郎さんは本当に韓国人なのかどうかを出身地や実家の場所、家族構成、生い立ちや経歴などから調査して行きます。

スポンサーリンク

藤浪晋太郎は韓国人?

藤浪晋太郎さんは、韓国人だという噂があったようですが結論から言うと生粋の日本人です。

だったらなぜ、『藤浪晋太郎 韓国人』などという噂が出たのでしょうか?

それはおそらくSNS上で一部の人が騒いでるためと考えられます。

ただこのような噂に証拠となるものもなく、藤浪晋太郎さんが韓国人という断定的な話ではありません。

藤浪晋太郎の出身地や実家の場所

藤浪晋太郎さんの出身地は、大阪府堺市南区です。

小学校1年生の時に、地元の軟式野球のクラブチーム『竹城台少年倶楽部』で野球を始めている藤浪晋太郎さん。

藤浪晋太郎さんの実家は、「泉北ニュータウン」の竹城台の近くだと考えられます。

ここからは、藤浪晋太郎さんの家族構成について見て行きましょう!

藤浪晋太郎の家族構成

藤浪晋太郎さんの家族構成は、ご両親と弟さんとご本人の4人家族です。

では、ひとりずつご紹介していきたいと思います。

元高校球児の父親

父親の藤浪晋(すすむ)さんは、2023年で59歳。

元高校球児で運動神経抜群だったそうです。

学歴は、岸和田高校から大阪市立大学へと進まれてます。

大学ではバスケットボールをされていました。

大学卒業後、健康保険組合に就職されており、2023年現在も健康保険組合で働かれています。

長男の慎太郎さんが大阪泉北ボーイズに入団した時、晋さんもコーチとして加入。

やがて監督まで務められました。

高校時代はバレーボール選手だった母親

藤浪晋太郎さんの母親の名前は、明美さんです。

年齢は夫より1歳年下とのこと。

高校時代はバレーボールをしていたそうです。

晋さんと明美さんは職場恋愛を経てご結婚されています。

父と子のサポートをして陰で支えてきた明美さんはあるインタビューで当時の事をこのように語っています。

「親子の会話が無くなりがちな中学生という時期に野球を通して、一緒に行動できたことは楽しかった」

2歳年下の弟

藤浪晋太郎さんには2歳年下の弟さんが居ます。

名前は滉二朗さん。

弟さんも野球をしており、右投げ右打ちの内野手だったそう。

学歴は、大阪体育大学浪商高等学校から大阪産業大学に進学しています。

大学でも野球部に所属していましたが、途中で退部してしまいます。

大学卒業後は中古車販売の会社に入社し、その後ご結婚されました。

スポンサーリンク

藤浪晋太郎の生い立ちや経歴

藤浪晋太郎さんは、小学校1年生の時に野球を始めました。

中学時代は硬式野球チームの『大阪泉北ボーイズ』に入団。

この頃からピッチャーで球速は142kmを記録していたそうです。

AA世界野球選手権大会の日本代表に選出され世界大会に出場されています。

高校は大阪桐蔭高校に進学し、2年生の春からエースになっています。

3年生の春は選抜大会優勝。

この選抜大会では150km以上をマークし、相手チームを圧倒しました!

最後の夏の甲子園でも史上7校目春夏連覇を達成しました。

その後の国体でも優勝。

大阪桐蔭高校は史上3校目の『高校3冠』を達成しています。

その後のドラフト会議4球団が競合する中、阪神タイガースが交渉権を獲得し入団しています。

そして2023年にメジャーリーグのアスレチックスに移籍しました。

スポンサーリンク

【家族構成】藤浪晋太郎は韓国人?出身地や実家の場所・生い立ちや経歴を調査!まとめ

いかがでしたか?

今回、藤浪晋太郎さんは韓国人なのか、出身地や実家の場所、生い立ちや経歴を調べました。

結果、韓国人という事実はありませんでしたね。

多くの方から愛されている藤浪晋太郎さんの今後の活躍が楽しみですね。

関連記事