【阪神】ロハスJr.のwiki経歴!結婚して嫁(妻)や子供はいる?

スポンサーリンク

阪神タイガースに所属し活躍されているプロ野球選手のメル・ロハスJr.選手。

今回はロハス選手のことをあまり知らないという人のために

ロハス選手は結婚しているのか?

嫁(妻)や子供はいるのか?

ということをロハス選手のwiki経歴としてまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク
目次

ロハスJr.のwiki経歴

名前:メル・ロハス・ジュニア(Mel Rojas Jr.)

生年月日:1990年5月24日

出身:アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス

身長:189cm

体重:102kg

投打:右投両打

大学:ウォバシュバレー大学

両打から左右に打ち分ける技術と身長約190cmの体から繰り出すパワーが魅力です。

プロ入り前

インディアナポリス出身。

幼少期は、野球とバスケットボールの両方をプレーされていました。

プロ入りとパイレーツ傘下時代

2010年:MLBドラフト3巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名され、プロ入り

2014年7月:AAA級インディアナポリス・インディアンスに昇格。

2015年:メジャーのスプリングトレーニングに招待選手として参加

ブレーブス傘下時代

2016年5月9日に金銭トレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍。

傘下のAA級ミシシッピ・ブレーブスを経て、AAA級グウィネットブレーブスに所属。

この年は移籍前を含めた3球団合計で111試合に出場して、打率.253、12本塁打、46打点、12盗塁を記録。

2017年シーズン開幕前の3月に開催された、第4回WBCのドミニカ代表として出場

KT時代

2017年6月12日:KBOリーグのKTウィズと40万ドルで契約。

そのシーズンは打率.301、18本塁打、56打点という成績を残した。

オフにKTと100万ドルで再契約を結ぶ

2018年:KTの球団記録を更新する43本塁打を記録。

オフにMLB挑戦を模索したものの、結局160万ドルでKTと再契約。

2019年:ゴールデングラブ賞を外野手部門で受賞する活躍。

第2回WBSCプレミア12のドミニカ代表に参加予定だったが、パスポートの関係で参加できず。

2020年:KTで打率.349・47本塁打・135打点を記録。

自身初の個人タイトルである本塁打王と打点王、シーズンMVP、ゴールデンクラブ賞などを受賞

阪神時代

2020年12月25日:NPBの阪神タイガースとの契約に合意。

2年契約で推定年俸250万ドル。

初出場の2021年5月8日から20打席連続無安打となり、前年にジャスティン・ボーアが記録した球団外国人野手のワースト記録を更新

その後も一軍での打率は1割にも満たず、二軍落ち。

その後一軍に再昇格するが、16打数3安打にとどまり7月13日に再度二軍落ち。

東京オリンピック明けの後半戦開幕後は、一時帰国しチーム再合流が遅れたジェフリー・マルテに代わって一軍に昇格。

その後猛打賞を記録するなど復調を見せ、最終的に8月度の成績を打率.281、4本塁打と持ち直す。

スポンサーリンク

ロハスJr.は結婚して嫁や子供はいる?

ロハス選手のことを調べてみたところ、結婚していて娘さんが一人いらっしゃいます。

すてきなご家族ですね!

これからも家族のために活躍してほしいです!

スポンサーリンク

【阪神】ロハスJr.のwiki経歴!結婚して嫁(妻)や子供はいる?まとめ

いかがでしたか?

今回は阪神のロハスJr.選手についてまとめてみました。

今後もロハス選手の活躍から目が離せませんね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次